陽の目をみた紬。

 今年1月に袷から単衣へのお仕立て替えでお預かりした1枚。
 洗い張りを経て生まれ変わり、すでにお客様のお手元に戻ってから久しい本日。10月にもなるとお天道様が活躍する時間がだんだんと短くなって深まりゆく秋のお洒落を満喫したいところですが、日中の汗ばむ陽気になかなか袷に手が伸びません。
 そんな中、「今日の着付のお稽古で着てみたけど、あの緑の紬はバッチリでしたよ!」という嬉しいメッセージが届きました。一緒に習っていらっしゃるお友達と先生と三者三様のお好みで、帯や帯〆帯揚などですったもんだがあったそうですが、そもそも一度も袖を通されたことのなかった紬に、まずは袖を通して頂けたことに乾杯!そしてどんな帯や小物を合わせられたのか、是非とも実際にお召しになったお姿を拝見したいところ。
 よりも先に、一度も袖を通されないまま譲ってくださったお母様に是非!

◉毎月7日と8日はお手入れ日和
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください