大島紬と結城紬。

 仲良しこよしで胴裏が大変なことになっていました。
 写真左は白地に墨色の濃淡で大きな花が大胆に織られた大島紬、右は生成り地に亀甲絣で亀甲柄が織られた結城紬。若女将レッスン!に通うお嬢様が「母が若い頃に買って一度も袖を通してないらしいのですが、私が着付を習い始めたので「あなたにあげる」ってタンスから引っ張りだしてきたらこんなことに(泣)」と胴裏が全体的に変色して、それはそれは特に高価な結城紬は表地にまで変色が!「母は相当ショックを受けているのですが、「せっかくの機会だから、」って洗い張りをして私の寸法に仕立て替えてください」とのこと。結城紬は生まれ故郷の結城へ戻して、結城独自の洗い張りと地直し、できれば表地の変色にも手を加えてきれいさっぱりと行きたいところ。朱や臙脂の八掛も、この機会にお嬢様のお好みの色に替えて。
 さぁ、みなさんも結城を出して!ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.