染め、染め、染め替え。

 以前からご相談頂いていた羅のなごや帯。
 同じ帯を色違いで2本お持ちなのですが、「うん十年前に誂えたこっちの色(写真)は、さすがに今の私には似合わないので」と染め替えのご依頼。まずはこの帯がご希望の色への染め替えに耐えうる生地か、いくらで染め替えられるのかを後日提案することになりました。まだまだ糸がしっかりした生地にしか見えないのですが、ここは職人さんの見解に従うほかありません。
 本日はほかにもお手持ちの白生地を「黒に近いくらい深い藍色に染めて欲しい」というご相談と、日本舞踊を頑張る満点女子から「重めの羽二重の生地でこの色に染めて欲しい!」というご相談もあり、染め染めDAYと相成りました。
 そう言えば大学の同級生で医学部に染谷くんっていた(近頃、念願のクリニックをオープンしたってSNSの便りで目にした)けど、もともとは染め屋あるいは染め屋さんがたくさん住む谷の出身だったのだろーか。なんちゃって、

◉毎月7日と8日はお手入れ日和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.