鼻緒を挿げる。

 柔軟性と弾力性に富むEVA素材の草履の台が4色、それに合わせて鼻緒が40本届いた初日。
 日本舞踊に本気で取り組むお嬢ちゃんが毎度のおばあちゃんとご来店。さっそく新しい草履の台と鼻緒をご覧になるなり、「この台と鼻緒がいいけど、挿げはどうすると?」と???印。「ウチにはおかかえ挿げ師がいるんです」と女将が話したところで万を持して登場。「えっ?さとしくんが?それなら今履いてるコルク草履の鼻緒がきつくて痛いって言ってるから調整してあげて」と、さっそく足とともに草履を拝見してみると、こりゃあ痛いはずな鼻緒の挿げ具合。さっそく微調整をしてあげると「うわぁ、履きやすい!」とご納得。???印のすっかり取れてしまったおばあちゃんが「じゃあコレも、」と、もう一足ご持参になる始末。あぁ、コレもだ。と微調整。久しぶりにして合計3足も挿げました!ふぅ、
 EVA素材の新しい草履は、前つぼの赤が艶っぽく際立つ白い台に白い鼻緒を挿げて。

追伸
疲れ知らずのEVA素材の台はM(23〜24cm)もL(24〜25cm)も19,000円、鼻緒は各8,000円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください