若女将レッスン!の処方箋。

 お仕事帰りの仲良し2人組が、2度目の若女将レッスン!にご来店。
 「あと何回かすればご自分で着れるようになりますよ」と若女将が口ぶりからすると、順調な模様。明るく楽しそうな雰囲気が何よりの証拠か。そのうちのお一人から、浅黄色地に刺繍が素敵なお母様の付け下げを丸洗いと裄直しでお預かりしました。「また一枚、着れるのが増えて嬉しい」とはお客様談。をそばで聞いていて尚嬉し。
 さらに!レッスン中に話題に上っていたという木綿の反物をご覧に入れました。もうこんなのを着てられないほど蒸し暑いので、お洒落の秋に向けた準備。お一人が大きな格子の片貝木綿(写真右)を鏡越しに当ててみてお気に召すと、もうお一人にも伝染したかのように伊勢木綿(写真左)を同じく鏡越しに当てようとされたその時!白地にレース風の柄が織られている博多織の半巾帯を提案すると「かわいいー!」と帯への反応が大きく、、、本日はこれにて一件落着。
 ご自分で着れるようになるとすぐに起きる発作には、普段に着れて洗濯も簡単で安心の木綿のきものが若女将からの処方箋。半巾帯なら尚更のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください