小千谷縮み、はじまる。

 爽やかな皐月晴れが続いたかと思ったら、今日は数日ぶりの雨。
 まだまだ木綿の単衣が心地よい日々ですが、これからはひと雨降るごとに気温も上がり、木綿から綿麻、そして麻へと衣替えが続きます。もう長襦袢は麻や絽や紗など夏向けをお召しになり始めた方がちらほら。
 そんな中、先日の浴衣に続き小千谷縮みの反物が上がって参りました。ご存知の通り、麻は張りがあってよく風を通し、肌触りもひんやりとして速乾性にも富む、夏向けの生地の代表選手です。縞や格子などで粋に夏をお楽しみください。汗をかいた後に放っておくと変色の原因となるので、できるだけ早く中性洗剤を使っての手洗いがおすすめです。とにもかくにも暑い夏に一度麻をお召しになると、もうほかの生地には手が出ないほどの涼しさです。
 どうぞ。みなさまも小千谷縮み、はじめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください