仕舞いっぱなしの末路。

 「こんなになっちゃった!」と、草履をお預かりしました。
 たしか、、、10年ほど前に、たしか、、、お孫さんのお宮参り当日にお買い上げ頂いた畳表の草履。いつの間にかお嬢様にお譲りになっていて、ご子息の卒業式にきものをお召しになって出掛けようとされたその時!鼻緒の裏と台のまわりが!
 合成皮革にはよくあることで、特にバッグの裏地で同じような現象をご覧になったことはありませんか?そもそも合成皮革は天然皮革と違い、数年経つと水分や熱などにより表面の合成樹脂が劣化してしまいます。特に仕舞いっぱなしだと劣化は早く進んでしまいがちです。適度に使用して、使用後のお手入れを忘れずに!
 畳表はほとんど傷んだ様子がないのでもったいないのですが、この様子だとお買い替え頂くほかはありません。ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください