冬の金沢〜京都出張最終日。

 最終日は土曜日ということで、久しぶりの完全オフ。
 朝一番は、高校の修学旅行以来、実に15年ぶりの宇治は平等院鳳凰堂。当時はボロボロだった10円玉も、世界遺産登録ならびに昨年修復を終えてお披露目されたことはご周知のとおり。厳かな朱色の建物の屋根に輝く金色の鳳凰が印象的でした。新たにミュージアムが隣接され、阿弥陀如来坐像や雲中供養菩薩像はおろか鳳凰や宝飾品たち(模造品)、映像で見る鳳凰堂など、より間近に拝見することができました。何よりも、10円玉を各製造年ごとにコレクションしている長女に自慢したい。さすがに宇治金時も宇治抹茶ソフトも口にはせず…。なぜか祇園は辰巳橋へと移動し、レンタルきものを楽しむ観光客たちを横目に、辰巳神社を参拝。お昼にそばを食べて、早めの帰郷。
 唐津が雪なんて信じられませんが、金沢も京都も大した雪に見舞われずに無事終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.