美空ひばりに『後見結び』

 「今日は美空ひばりさんの関東春雨傘を踊ります!」
 風呂敷包を小脇に抱え、踊りに使う番傘を手にご来店。年に何回も色々な舞台で大好きな日本舞踊を披露する女子高生。僕も若女将も女将も着付のお手伝いをするのを楽しみにしています。本日のコーディネートは黒地の艶やかな振袖に金地に大輪の菊が豪華な袋帯。「後見結びをお願いします!」とのご要望。一口に後見結びと言っても、実は色々な種類があって、特に日本舞踊の場合は流派によって結び方が異なります。しかも日本の東と西でも結ぶ方向(関東巻き、関西巻きなど)が違ったりして、、、。着付が終わり、鏡を覗き込んでクルッと背中の帯結びをチェックするお嬢様♪後見結びでぐっと大人っぽく見えます。「まだ時間があるのでちょっと練習していいですか?」「いいともいいとも!!!」と社員全員大喜び。微妙に変えていく顔の角度に上達ぶりを感じながら、覗き見した週末の朝でした。
 午後、小紋に着替えて再びご来店くださって可愛さ連発!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.