振袖の染め替え。

 初釜、振袖、初釜と話題が続けば、、、本当に振袖が話題に!
 「振袖って、染め替えられるんですか?」と、来春の成人式に向けて母娘でご来店。とは言え、肝心の振袖はご自宅に置いて来られたので架空の提案しかできずにいると、「持って来ました!」と再びのご来店。さっそく拝見すると、染め疋田に友禅や刺繍の立派な一枚。
 そこでお嬢様が一言「柄は気に入ってるんですけど、、、全体のピンクが気にくわないんです」
 つまり柄はそのまま活かして地色だけを染め替えたいというご要望で、洗い張り→柄を糊伏せ→染め→地入れ→胴裏も八掛も新しいのと替えて仕立てる、という作業工程。まずはお預かりをして、後日見積もりを提案することに。
 経過報告を乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.