草履が結びなおした御縁。

 まさにそれでした。
 昨日、振袖用の草履バッグを探しにご来店のお客様。20数年前にお母様がお召しになった振袖をお嬢様が再びお召しになるのですが、少しも古い感じがなく、「最近誂えました」とおっしゃってもわからないほどの色遣いと素敵な柄。その振袖にあう草履バッグを探されるも、残念ながらお気に召すものがなく、「では御予算やお好みにあわせて、日を改めてご覧にいれましょうか?」との提案も流れてしまった本日!ふたたび母娘でご来店。「家に帰って私が履いていた草履を見せたら、これでいいって言うんです。けど履いてみると痛いそうなので、鼻緒を新しいのに挿げ替えてもらおうと思って」とはお母様。さっそく、国内屈指の鼻緒挿げ職人・寺崎隆一氏がご覧になると「これ、その昔にウチがつくってた草履じゃないですか!懐かしいなぁ、」とは驚き桃の木山椒の木。これまたさっそく鼻緒を選んで挿げてもらうとほらっ!お母様の思い出とともにやや黄ばんだ台も値打ちになり、すっかり新品同様の顔つきに。何よりもお嬢様ご本人が喜んでくれたことが、本日の最たる御縁。
 実はお父さんが僕の中学時代の先生だったという御縁に二重の喜び。

追伸
どれだけ可愛がってもらっていたかというのはまた別の話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.