単衣を通り越して、盛夏の陽射し。

160530 衿元の汚れがくっきりと目立つ小紋をお手入れでお預かりしました。
 きものをよくお召しになるお客様の中でも、よくお召しになっている写真の小紋。「この小紋は本当に大活躍していて、しかも決算市でお安く手に入れることができて買って良かった!って今一番思っている一枚よ」なんて涙のちょちょぎれるお言葉。あれはたしか、、、2年ほど前の大決算市!でお求め頂いたと思うのですが、汗をかいてお召しになる度だったり季節の終わりだったり、すでに幾度もお手入れにお預かりしています。今回も定番の衿汚れのお手入れでお預かりしたのですが、パールトーン加工を施しているので、おそらくアフターサービス(無料)の範囲内で可能。なハズ。「それ以外にシミがあったりして見積もりが届いたら、あとはすべてお任せします!」と信頼の証(涙)。
 早いもので5月も明日で終わり、だというのに陽射しはすっかり盛夏。絽や紗で正解?かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください