終わりよければすべて良しの企画展2日目。

151214c 開店休業していた日中から一転、夕方から閉店間際は大繁盛!
 昨日とは打って変わって静かな立ち上がりの午前中、それでもお一人、またお一人とご来店頂き、二階では九寸に袋帯、一階では「昨日のブログを見てると売り切れそうだったから!」と駆け込み需要のお客様が下駄を。ほんの少しだけ遅めの昼食を挟んで午後に備えたのですが、静かどころか閑古鳥も鳴く勇気がわかないほどの緊張感につつまれた店内。昨日の忙しさから「そんな暇はあるんだろうか、、、」と心配をよそに、帯匠黒川さん、喜和屋さん、向島めうがやさんにも合唱団に参加頂き、女将の誕生祝いをしました(写真1)。
 すると甘い香りを嗅ぎつけられたのか、あっちからこっちからご来店。めうがやさんの誂えや追加のご注文、男前な雪駄、「わたしのために挿げてくださるなんて嬉しい!」と喜和屋さんあるあるのスマホでパチリ(写真2)、そしてなんと言っても大トリは東京出張から直行してくださったお客様が二階に上がるなり「コレ!」と手機にこだわる西陣の老舗・丹波屋さんの袋帯(写真3)!そしてエ、エ、エ、エイの皮でできた草履!
 これだから商いは飽きないんです!さ、最終日の明日も頑張ろっと。

151214b

151214

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください