きものを着てこそ、お稽古。

150410 まずは普段着の中の普段着、木綿のきものをオススメしました。
 「近頃、お稽古仲間の男性がきものを着はじめたもんでね、いよいよ僕も一枚誂えようかと思って」と男性のお客様から嬉しすぎるひと言。「ではさっそく、」とオススメの久留米絣や片貝木綿を広げた中から、生地を肩に当てて鏡越しにご覧頂いくと、「最初の一枚だし、お茶の稽古にはあまり柄の目立たない方がいいな」と写真の細い縞に決定!帯や下駄や小物などは仕立て上がった時の楽しみに取っておくとして、とにもかくにも和のお稽古はきものをお召しになることが大前提。きものをお召しになってこそ、自然と所作が身につくものです。
 ウォーキング中に弊社前を通りかかられたのが百年目と思いまして。なんちゃって、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください