着こなしを左右するVゾーン。

150330 春の陽気に刺激された蕾たちが次々に弾けては花を咲かせています。
 白地に藍色の浴衣に象徴されるように、春先から夏にかけては清々しい藍色がオススメです。桜の花が咲き始める頃になると、引き出しから引っ張り出すのが鰹縞の会津木綿。本日は鹿の子柄の木綿を半衿にして。太い縞になればなるほど衿や裾の乱れが目立ちやすいのが短所、でもあり、身だしなみを整える目安となる長所でもあります。
 「衿を正す」なんてよく言ったもんですね。政治家の先生方もきものを着ると良いかも、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.